気仙沼バル2017夏開催決定!|気仙沼バル公式Webサイト

気仙沼バル2016春の様子

 

この度5回目を数える「気仙沼バル2016春」は、2016年4月16日に桜満開、晴天の下で開催されました。

気仙沼バルは、3枚つづりのバルチケットを購入し、店舗を巡り食べ歩き飲み歩くイベントです。気仙沼の仮設商店街と周辺の店舗で使用できます。今回は5商店街、店舗60店舗が参加しました。参加の商店街は、第1回から参加している紫市場・屋台村、前回より参加の復幸マート、福幸小町田谷通り、そして新しく加わった福幸小町田中通りでした。また、前回に続き南町周辺の飲食店の8店舗が参加しました。飲食店は「食の気仙沼」をアピール、物販店はバル特別の商品を選りすぐりお客さまをお迎えしました。

商店街間の移動用に今回も大型無料巡回バスを、各商店街ではライブなど各種イベントを用意しました。気仙沼のマスコット「ホヤぼーや」が今回もバルに駆けつけてくれました。アカペラ、弾き語り、マジシャンなど商店街を巡ってバルを盛り上げました。また、今回は紫市場と「栃木めっけの会」が主催の「追悼花火」も湾内で上がりました。

おかげさまで、過去最多の参加者にバルを楽しんでいただき、「気仙沼バル2016春」は、ぶじ幕を下ろしました。

このイベントの2日前より発生した熊本地震被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。気仙沼バルでは、当日各商店街の受付に募金箱を設置し、お客さまとともに支援の気持ちをこめさせていただきました。義援金はバル1日で50,326円集まり、「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」の「いのち・みらい貯金箱」を通じて現地に送金させていただきました。

気仙沼バルは、仮設商店街の連携のイベントとして、これまでご愛顧賜って参りました。気仙沼の復興のあゆみと共に再び開催できることを祈念しています。

気仙沼バル
Copyright(C)2012-2017 気仙沼バル公式Webサイト All Rights Reserved.